ヘナ染め

2015年10月19日 (月)

衣替えも無事に終えてホッとしています。

毎年のことですが本屋に行けば、ずらりと並んだ手帳が目に入りどれにしようか迷うのです。

しかし今年は茶道手帳というものを買うと決めていたので、すでに来年の手帳は私のもとにあるわけです。

2015101919300000_2

これは、裏千家の淡交社から出ているもので二十四節季や月齢、六曜はもちろんのこと茶道系譜なども書かれているので、茶道のお稽古をしている身にとって非常に便利なものなのです。

Img_1073

10月に入ったので袷の着物になりました。
着物は相変わらず洗える着物。帯は母からもらった光琳菊の模様。

そして季節は関係なく、年を取れば白髪が増えるわけで、ヘナに興味がある方からご相談を受けます。

サロンで写真がうまく撮れなくてアップ出来ないので、夫の頭を借りてみました。

Img_1067

上の写真はヘナを塗布して20分置き、洗い流さず余分なヘナを取ってからインディゴを塗布した簡単な2度染めです。

黒っぽくなりますね。

Img_1081

そしてこの写真は表面でなく内側の白髪が多い部分の毛です。
日にちが経ってインディゴが落ちてくると、このようにヘナのオレンジ色が出てきます。
メッシュのようになるので、明る過ぎず自然に見えます。

普段カラーをやっていても、髪をいたわりたい時にヘナ染めにするという方もいらっしゃいますhappy01

| | コメント (0)

2015年9月 9日 (水)

雨の中

昨日は大雨で、近くの川や用水が今にも溢れそうな状態でした。

そして今日は台風です。被害が少ないことを祈ります。

さて久しぶりにヘナ染めの記事です。

2015090817140000

月に一度ヘナ染めをされている方です。

白髪は少ないので、地毛の色の中にメッシュで明るい色が見え隠れする良い感じの仕上がりです。トリートメントをしなくてもオイルのみでサラサラです。


化学染毛剤で体調が悪くなってしまう方には、是非ともお勧めのヘナ染めです!

| | コメント (0)

2015年7月 1日 (水)

水無月

毎年欠かさずに行っていた八幡様の茅の輪くぐりですが、今年は気にしていたにもかかわらず行くのを忘れてしまいました。残念です。

気温も高くないので、いただきもののココナッツオイルも再び固まっています。

Img_0952



お茶のお稽古に着ていく着物も単衣になり、とても軽くなったので体が楽です。
主菓子には先生が手作りされた「水無月」をいただき、お茶杓の銘には「万緑」「ぬれつばめ」など。梅雨の季節を少しでも楽しむひと時です。

Img_0999


さて、白髪染めの「ヘナ」ですが、ヘナのみで染める場合はお流しドライまででおよそ1時間半ほどで終わります。
お客様は長時間座っていますから腰が痛くなったり肩が凝ったりします。なのでヘナ後にカイロをされていくことが多いです。



隣の美容室でヘナをして、それから一人静に戻ってカイロなので大体2時間半くらいでヘナ+カイロが終わります。



私が全てをさせていただくので、移動が慌ただしいかもしれませんが、白髪染めと体の調節を一度にしたい方にはお勧めですね。

Img_0979

もちろん、ヘナとカイロを別々の日にされる方もいますからご自身のスケジュールに合わせてご利用くださいね。

| | コメント (0)

2015年3月26日 (木)

華やかに

桜がきれいに開き始めています。

畑の小松菜もちょっと放っておくと菜の花になってしまうほど暖かな季節がやってきました。


さて、ヘナ染めのお写真です。

Img_0870

とても柔らかな毛質で絡まりやすいのですが、カラーリングをしている部分と白髪とうまく馴染んできれいな仕上がりになりました。
華やかなお顔立ちなのでフェイスラインの髪の色が明るくなっても魅力になります。

時間に余裕のあるお客様は美容室でヘナ染めをしてから一人静に戻ってカイロをされて整えていかれます。




相乗効果で体の不調も回復されると良いです。

| | コメント (0)

2015年2月14日 (土)

ヘナ染め

いつも写真を撮り忘れてしまうヘナの記事を久しぶりに書きます。


アルカリ染毛剤を使ってきた方がヘナに切り替えて個人差はありますが3ヶ月から半年位で生き生きとした髪質に戻ってくると感じます。


自然のものですから即効性が無いのが難点ですが、ヘナのみでもヘナ+インディゴの2度染めの方でも一ヶ月に一度くらい染めていくと紫外線防止の効果や頭皮のメンテナンスになると思います。

Img_0690


この方は40代前半で頭頂部周囲に白髪が出てきています。
白髪の割合は3割以下でヘナの一度染めを毎月されています。

白髪率が高いとヘナに切り替えて馴染むまでに半年以上かかる場合もあります。
頭皮や体調に問題が無ければ、アルカリ染毛剤の方が好みに合う方もいます。
インディゴが取れてきた時に白髪部分が明るい色になってしまうので、そこが気になると思います。





Img_0779_2

こちらのお客様はアルカリ染毛剤を1年前まで使用していていましたが、体質に合わなかったため染毛剤を使用していませんでした。
毛先10cmほどがアルカリ染毛材の名残ですが、ヘナトリートメント後数日で黒い部分と馴染んできますので敢えて2度染めはせずにヘナの一度染めをされています。
今回で3回目のヘナトリートメントで馴染みが良くなってきています。





Img_0689

そしてこちらは私の姉ですが、ヘナを大変気に入り毎月やっています。
年とともにクセ毛がひどくなり、ヘナの一度染めを毎月するようになり美しい髪質に変わってきています。



しっかりと染毛するためにはお時間がかかってしまうのが難点です。
自分でやれば時間は有効活用できますが準備やお流しは面倒かもしれませんね。

| | コメント (0)

2014年10月24日 (金)

ヘナ染めスタート

八幡様のお祭りも終わり、落ち着いた日々を送っております。

さて「、やっと一人静にヘナ染めのメニューを加えることができました。

私はカイロプラクターでもあり美容師でもあるので、なるべく自然のもので美しく健康になることを目指しています。

Img_0552_2

ホームページもヘナメニューを加えて手直ししましたのでブログと合わせてご覧いただきたいと思います。


ヘナ染めはとても安全で、皮膚に付いてもヒリヒリとした痛みや刺激臭もないので安心して白髪染めができます。そして染毛剤で2~3日後に感じるゴワつきもありません。

ヘナによるアレルギーは少ないのですが、トーンダウンさせるためのインディゴ(藍)にアレルギー反応を起こす方は時々いるそうです。

Img_0544

私も肌が弱いけれど、パッチテストでヘナは大丈夫でしたから心配な方はやはりされると良いと思います。


ヘナ染めは義母の営む美容室(リフレッシュ池野)で私がさせていただきます。




強い薬剤を使いたくない方や、毎日の毛染めトリートメントが面倒な方などぜひご利用ください。

料金は
ヘナ染め→¥3000~
ヘナ+インディゴの2度染め→¥4000~

| | コメント (0)

2014年5月15日 (木)

二度染め

髪や頭皮も健やかに保つことが可能なヘナ染めを、義母にもやっています。

私はカイロプラクターでもありますが美容師なので、普通のカラーをする時と同じように、細かくスライスを取りながらヘナをのせていくので綺麗に染まります。


彼女の髪は白髪率が高いのでヘナで白髪を染めておいて、その後インディゴで染めるという二度染めをして黒髪に近い色合いを出します。

2014051214320000

↑ヘナのみで白髪を染めた状態

上の写真はヘナが毛髪内のタンパク質に吸着して白髪がオレンジ色に染まった状態。


もちろん頭皮もこのようにオレンジ色になります。

でもこの地肌についたいオレンジは、ヘナの回数を重ねるごとに付きにくくなり、付いても落ちやすくなるそうなのです。不思議ですね。

そしてヘナの後にインディゴ(藍)を塗って深い茶色を目指すと、下の写真のような自然な仕上がりに!

Img_0291

↑頭頂部

Img_0292

↑前から

フェイスラインと頭頂部は目立つ場所なのでしっかりと入れ込みます。


彼女の髪はアルカリ剤の入った染毛材のやりすぎなどで本当に傷んでいますから、2度染め、ヘナとインディゴを混ぜた1度染め、再び二度染めと、この2週間のあいだに3回も髪の修復も兼ねたヘナ染めをしてきました。

やっぱり2度染めの方が仕上がりがきれいです。

もう十分綺麗なのですが、おしゃれなお義母様のために近じか染める予定です。



頭からリラックスして健康になることができたら、女性の皆さんにもっと喜んでいただけると思います。

解毒作用のあるヘナ、婦人科系統の不調にも効果があるそうなので私もトリートメントをしてみようと思います。

| | コメント (0)