« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月31日 (土)

目元メイク

女性専用なので、美容の話や着物の話はお客様とも頻繁にします。


どこに気を使うかは人それぞれなので面白いです。

私はというと、美容学校時代のお友達がまつげエクステとエステのサロンをオープンしたので、綺麗にしてもらいに行ってまいりました。

メガネもかけるので、レンズに当たらない長さとカールの種類も全てお任せして約1時間半、両目で100本ほど付けてもらいました。




3年ぶりくらいのマツエクで、近頃はマスカラすらしない日々を送っていたせいか目元がはっきりとして、完全に自己満足ですがワクワク感のある数日を過ごしました。




今は取れてしまって寂しい目元に戻りました。また綺麗にしてもらいに行きたいです。

マツエクは特別なときにやるとして、基本的にはナチュラルなモノを皮膚に付着させたいと思っているので、ヘナをやるようになって知ったアイラインとリップを実践中です。




いつも目元の化粧は、ペンシルライナー、アイシャドウ、リキッドアイライナー、マスカラなどなど、気分によって重ねづけしています。

こんなに塗って、コンタクトをしているから角膜に良いはずがありません。

それが、ヘナと出会ってから見つけたアイラインとリップを付け始めました。

Img_0318

白髪隠しにも使われる「カジャル」と紫根エキスの入ったリップトリートメント。





カジャルは、クスノキのすす、ヤシ油、ミツロウのみでできていて、私はアイラインに使いましたが薄めの付き具合でした。




リップもやはり薄付きですが、ローズ色で気に入りました。紫根の香りが結構します。


これを機に、ナチュラルな目元メイクに切り替えたいものです。

| | コメント (0)

2014年5月21日 (水)

美味しいけれど

実家でそら豆をたくさんもらってきたので食べ過ぎてしまいます。

Img_0303

塩ゆでにしてテレビを見ながらたくさん食べました。

案の定、唇の端が荒れたのでお化粧で隠しましたが、早速お客様に見破られてしまいました。



そして苺もたっぷりと頂き、

Img_0304

砂糖の代わりにハチミツでジャムを作って、

Img_0310

痛い思いもしていますが旬を満喫中です。

| | コメント (0)

2014年5月17日 (土)

呼吸をみなおす

茶道のお稽古では、正座をがきつくて足や頭が痛くなると以前から言っていました。


お稽古は好きで続けていますから大丈夫なのですが、点前の稽古中に先生がよく仰るのは、

「息してよ!」

なのです。


私は考えながら少し緊張すると息を止めてしまう癖があります。


でも、呼吸をしっかりしてお稽古に望むとその日は一日快適なのです。


人と話すときもそうで、苦手な人と話すときに自分の呼吸をしっかりと保つと相手のペースにはまらず疲れにくいと感じています。




カイロで頚椎のアジャストを行うときは、お客様が緊張されている場合は息を吐いていただいりしてリラックスしている状態まで持っていくのが重要で、そうでなければ正確さに欠けたものになってしまうのです。


私の先生が頚椎アジャストでおっしゃっていたのは、呼吸をさせても慣れてくると緊張が取れないので、あの手この手で緊張をほぐす手段を考えるんだと。

私自身、最近は小食健康法に慣れすぎて代謝が落ちているのがとても気になっています。こんな時こそ意識をして呼吸をしてみようと思うのです。

| | コメント (0)

2014年5月15日 (木)

二度染め

髪や頭皮も健やかに保つことが可能なヘナ染めを、義母にもやっています。

私はカイロプラクターでもありますが美容師なので、普通のカラーをする時と同じように、細かくスライスを取りながらヘナをのせていくので綺麗に染まります。


彼女の髪は白髪率が高いのでヘナで白髪を染めておいて、その後インディゴで染めるという二度染めをして黒髪に近い色合いを出します。

2014051214320000

↑ヘナのみで白髪を染めた状態

上の写真はヘナが毛髪内のタンパク質に吸着して白髪がオレンジ色に染まった状態。


もちろん頭皮もこのようにオレンジ色になります。

でもこの地肌についたいオレンジは、ヘナの回数を重ねるごとに付きにくくなり、付いても落ちやすくなるそうなのです。不思議ですね。

そしてヘナの後にインディゴ(藍)を塗って深い茶色を目指すと、下の写真のような自然な仕上がりに!

Img_0291

↑頭頂部

Img_0292

↑前から

フェイスラインと頭頂部は目立つ場所なのでしっかりと入れ込みます。


彼女の髪はアルカリ剤の入った染毛材のやりすぎなどで本当に傷んでいますから、2度染め、ヘナとインディゴを混ぜた1度染め、再び二度染めと、この2週間のあいだに3回も髪の修復も兼ねたヘナ染めをしてきました。

やっぱり2度染めの方が仕上がりがきれいです。

もう十分綺麗なのですが、おしゃれなお義母様のために近じか染める予定です。



頭からリラックスして健康になることができたら、女性の皆さんにもっと喜んでいただけると思います。

解毒作用のあるヘナ、婦人科系統の不調にも効果があるそうなので私もトリートメントをしてみようと思います。

| | コメント (0)

2014年5月 1日 (木)

ヘナ染め

夫の白髪が伸び始めたので、2週間ほど前ですがヘナとインディゴの2度染めをしました。

夫はヘナもインディゴも初めての体験なので、パッチテストをしてかぶれませんでしたので実行に移しました。


夫は私の実験にいろいろと参加してくれているので感謝です。結果的に彼の為にもなっているから良いのでは?と思うようにしています。


さて、初めてのヘナ染めは大成功でした。

Dsc00169

本当は機械による加温はしないでやりたいのですが、時間がかかるから30分ほど加温しました。

加温無しよりも早く綺麗に染まる気がします。

Dsc00168

ヘナは葉っぱの香りこそしますがアルカリ剤の酸化染毛剤と比べると刺激もないし、安心して塗布できます。


そして、加温後に塗布したヘナを流すのですがシャンプー剤やトリートメント剤を一切使わずお湯だけで流すので、腰も痛くならず私も楽なのです。

流した後はタオルドライのみ!

勉強会では軽くドライヤーで乾かしていましたが、本来は濡れた状態から酸化を促して発色させたいのでドライヤーはしないほうがいいのだそうです。


カラーで地肌がボロボロだった夫の頭皮が少しずつ復活してくれたらいいなと思って続けていきたいと思います。


今日の午後はスタッフの方一人をカラーで染め、もう一人をヘナで染めました。

ヘナインディゴの一度染めでしたから時間もかからず簡単にきれいに仕上がりました。


もう少し鍛錬してメニューに加えていきたいと思っています。


私も白髪になる日が怖くなくなってきました。

| | コメント (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »