« 書の交流展 | トップページ | ハードなアスレチック »

2013年4月25日 (木)

想像の日々

対面式キッチンのカウンター下は小物入れになっています。

小物入れといっても本やファイル、文房具など入れています。

Img_2090

ここに引き戸か扉を付けようかと迷っているのです。

写真を飾ったりして見た目は楽しいのですが、雑多な感じが好きではないのです。

それで京唐紙の襖戸を付けたら彩があって綺麗かなと思い、どの色のどの模様の唐紙にしようか迷っています。

まだ建具屋さんに正式にお願いしていないのですけど。

大正昭和の色ガラスの入ったアンティーク建具も惹かれましたが、やっぱり唐紙に!

「鴨、京都へ行く」

というドラマでも京唐紙が女将の部屋に使われていて、甘くなりすぎず女性らしさが感じられる唐紙が目を引きます。

この棚を見るたびに頭の中は唐紙でいっぱいになるのです。

|

« 書の交流展 | トップページ | ハードなアスレチック »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591825/57245594

この記事へのトラックバック一覧です: 想像の日々:

« 書の交流展 | トップページ | ハードなアスレチック »