« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月30日 (土)

布もの

朝のお客様から

「来週、京都に行くの!」

とうかがい私も行きたくなってしまいました。

1~2ヶ月ほど前から制作をお願いしていた一人静の仕事部屋の布ものがやっと昨日届きました。

シンプルだけど麻と木綿を使った長尺ののれんとタペストリー風の間仕切りとなりました。

Img_2023

写真の暖簾は5年前に作っていただいたもの。

このヒトリシズカの刺繍を引き立てるために他の布モノには絵を入れない方が良いとのアドバイスから生成りの無地麻で裾は朱色の麻で閉じてもらいました。

コーディネーターの方から、

「着替えスペースの白い壁部分に和紙や布を使ったアートワークをかけたら綺麗です。」

との提案があったのですが、着替えに邪魔になってもいけないと思いそれは保留にしていました。

実際、出来上がった布をかけると壁部分が寂しく感じるから何か飾りたくなってきました。

以前から行ってみたかった京都の「唐長」さん。すごくお値段もいいけれど京唐紙のインテリアを見に行きたいなぁと、お客様の京都行きを聞き触発されています。

唐長さんの唐紙をたくさん紹介しているブログ

桜はもう終わってしまうけれど新緑の季節に京都に行きたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月28日 (木)

勇気が必要

磐田の桜も綺麗に咲いて、子供たちも花見に出かけて楽しそう。

一人静ではピアノで奏でるポップスやジャズを流しているのですが、ラジオもいいなと思う時があります。

そんなことを常に思っているのですが、昨日のお客様から伺った話。

それは、星野源さんのラジオ番組に投稿して4度も採用されたと伺い私は興味津々で聞き入ってしまいました。

今はハガキじゃなくってメール送信だから気軽だそうですが、勇気がないとメールでも送ることってためらうからお客様はすごい!

姿勢も綺麗になってこられて、嬉しいです。

さて、こちらは今から気が重い方の勇気をださなければなりません。

好きで習っていたはずの書道教室を辞めたいと言ってきかない娘のために、先生にその旨を話さなければなりません。

もったいないなぁと思うのですが仕方ないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月27日 (水)

思い出して

一人静のカイロの仕事では、筋肉の緩和から始まり変位箇所を正し、柔軟性を増していくという一連の流れが出来上がっています。

ただ、この時期のように花粉症で鼻が詰まってうつ伏せに寝ることが出来なかったり、痛い箇所があって足を伸ばせなかったり、妊娠中の方などなどその方に応じた内容をお客様が楽な姿勢で提供できるようにしていくのが課題となります。

自分がいろんな痛みを体験すれば、痛みの状況を共有できるのですが、年齢もまだ30代なので共有することが難しいのです。

肌に関してもアトピーのことなどは共有できるけれどもシミに関しては本当に適切なことって何なのか、隠す?取ってしまう?取るなら何を使って?と正解がわかりません。


ニキビ、乾燥、シミ、、、etc。

どれも経験済みですが、炎症があるときは隠すことが本当に難しいです。シミに関しても濃くなれば常にファンデーションが落ちていないか気にしてしまう。

先日、友人と会ってきてアトピーのことを色々話してきました。

私は保湿を欠かさないようにしていれば健常な皮膚を保てています。

片や友人はステロイドが効かなくなってからは脱保湿。

化粧水はもちろん付けないし入浴もシャワーだけ。

脱保湿の場合、最初はひどく悪化するけれどアトピーだなんて忘れてしまうほど綺麗になったり、環境が変化してまた悪化したりと状況は変わるそうです。

痒くて大変でも2人目の子を産んでいる友人と会ってただただ感心するばかりでした。

最近はズルして食器洗いに合成洗剤を使っていたけれど、赤ちゃんを抱っこさせてもらって思い出しました。「石けん生活」を。

Img_2021

子供が小さい頃は洗濯にもせっけんを使っていましたが、体操服など白いものが黒ずむのが嫌でいつの間にか合成洗剤を使うようになっていました。

今日から石けんハミガキ!刺激がなくって上々です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月19日 (火)

刺激をもらって

今年で最後の春スクーリング。

19歳だった私の前の席の子ももう21歳になって恋愛話も変化してきています。

私のような主婦層も数名いますが8割は20代前半。

クラスの子達のヘアスタイルはシーズンごとに毎回変わっているし、カラーリングに関しては赤、金、ピンクにグリーンとそれはそれは色とりどり!

奇抜なファッションに際立つ髪型をしていても素直で可愛い性格の子が本当に多いので、スクーリングは今や楽しみの一つとなっているのです。

今朝のゴミ出しでは自治会の70代の方お二人とアルミ缶話をし、スクーリングでは21歳の子の恋愛話を聞く。この振り幅の広さは本当に刺激的です。

そして夕方、一人静のお客様から教えていただいた70年代から80年代の海外ドラマ情報を忘れないうちにYouTubeでチェックして私の知らなかった世界を味わいました。

Img_1998_5


夫からもらった誕生日プレゼントのケーキ!可愛いけどすごいボリューム。

クリスマス以来のケーキかも?と思いながら美味しくいただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月13日 (水)

春は別れの季節

昨日はこの春をもって磐田の地を離れる方々とのお茶事がありました。

今回の茶事は水屋やお点前をする人を予め決めずにくじ引きのように折末(おりすえ)から札をとって、何に当たるかわからないドキドキのお茶事でした。

飲み会などのようにお引越しされる方がもてなされるということではなくて、亭主という立場で「洗心」「春来りて草自ずから生ず」などの軸を選んで、しつらいを整えて今の思いを伝えてくださいました。

Img_1993

招待状は鶴の形に折られた和紙の中に筆で丁寧に書かれています。
桜の形のお干菓子も参加された方のお手製。
男物の袱紗など、クラブで使用したものをオークションで落札!

私は濃茶の点前に当たったのですが、とても無理だったので大先輩の当たった薄茶と交代してもらい、胸を撫で下ろした次第です。国家試験が終わったらしっかりとお稽古しなくては!

さて、そんな楽しいながらも厳粛な茶道の後は一人静のお仕事です。

茶事で私たちは懐石料理をいただくのですが、

「お椀を置く音が大きい!」

と何度も先生に注意されたおかげで昨日も本日のお客様もいつも以上に丁寧に触れさせていただけたと思います。

昨日は正坐をしている時間も長く髪型も襟足のあたりできつくまとめていたせいもあって頭が痛く、入浴後に娘にマッサージしてもらいました。

昨日の私のように動きたくても動けない、慢性の頭痛や腰痛、ひどい肩こりがある方に無理やり運動しろなんて言えませんよね。

そういう時はリラックスできて気持ちが良いと思えるものを提供しなくてはと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 9日 (土)

磐田のこと

磐田市民になってもう10年くらい経ちますが、磐田のことを詳しく説明できることって少ないなと常々感じます。

今日も福田出身のお客様から別珍の織物工場がたくさんあった頃の話をしていただいたり駅前の本屋がなくなったとかいろいろ教えていただきました。

そして夜は自治会の今年度最後の組長会議で、みなさん軽くお酒も入っていろんなおしゃべりが聞こえてきました。

そしてまたまた磐田特有の言葉が!

有名らしいのですが「おもろ」。

これは豚足のことなのですが、磐田には有名な店が2つくらいあるとのこと。

このフレーズは関西の芸人のギャグとしかピンとこなかった私ですが、みなさん結構頻繁に食べているそう。

Img_1988_5

「しっぺいたろう」と「ベルベット」。

別珍ではないけど実母と義母にもらった着物用のショール。

この間、ららぽーとの谷島屋で絵本の「しっぺいたろう」を購入。

ここの本屋さんで流れている音楽が大人っぽくて、すごくいい気分になるのです。

問い合せてみよう!

磐田の民話を孫にさらっと出来るおばあさんになったらかっこいいなあと思います。

磐田話、もっと探っていこう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 8日 (金)

花粉のこと

花粉を感じるこのごろです。

お客様の大半が花粉症ですが、私も今年は花粉を感知してしまいます。

今まで改善するためにやってきたことといえば

  • 半日断食
  • 肉を食べない
  • 姿勢を正す
  • 腹八分目にする
  • 糖分を控える
  • コーヒーを控える
  • 丹羽療法(SOD食品、ルイボスなど)

この中で今でも守っていることは上5つまで。

そのほか花粉症が出ていた頃と比較して変化したことは

  • 猫が家にいない
  • シックハウスになりうる素材はなるべく使わない
  • 髪をまとめている
  • 職場が違う

肌が弱いと自分の毛に反応してかゆみが出てしまう時が多かったのですが、今は仕事柄まとめているので花粉も付きにくいのか?

猫は大好きですがやはり仕事柄飼えない。

と、いろいろ変化して改善していましたが今年はなんだかマスクをしていたほうが楽。

花も生けていましたが、杉じゃなくても花粉が出そうなのでこの時期は愛しのセンリョウを飾ったりと、季節感がイマイチ演出できないこのごろです。

Img_1973


正月から枯れずに根を出し始めたセンリョウ。

ヒトリシズカもセンリョウ科なので葉の広げ方がよく似ています。

ヒトリシズカはデリケートで育てにくいですがすが、センリョウはこんなにたくましいので愛おしく感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 4日 (月)

心も柔らかく

朝一番にお雛様をしまってすっきりとした子供部屋。

このところ暖かい日が続いています。

Img_1970_3

お雛様は納戸へ。ミニキッチンは元通りの位置へ。

一人静には様々な年齢のお客様が一度だけでなく続けて通ってくださっています。

最初は緊張されていますが、同じ女性ということもあるし2回3回とお顔を合わせているうちにいろいろな会話で盛り上がっていきます。

アーティストの話や子供の話、ペットや旅行など話は尽きません。

近頃お客様に教えていただいたのが「SEKAI NO OWARI」。

さっそく動画でチェックしてみました。

4人組のバンドでとっても爽やか!

家族や近所づきあい、ヘアメイクの仕事だけでは決して知ることのない世界をお客様から提供していただける。


まだ子供の娘に、

「ママは最近心が年をとってきている。嵐とかにときめいてるお母さんみたいになってもいいんじゃないか。」

と言います。

そう、姿勢や化粧、髪型だけではカバーしきれないものが年齢を重ねるにつれにじみ出てきてしまいそう。

なんとなく知っているというだけでもいいから幅広く流行りのものやアーティスト、歴史などの会話ができる女性になりたいなと思うのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »