« 春色に | トップページ | 心も柔らかく »

2013年2月24日 (日)

心洗われた日

今日は親子お茶会の日でした。

娘が通っていた幼稚園の茶道クラブで毎年開かれています。


うちの娘は参加しませんでしたが幼稚園児から小学生まで上手にお運びしていました。

菓子は「花衣(はなごろも)」。

桜がさねの衣とか花見に着る着物などの意味ですがご一緒した席のそこかしこから
「桜かな?」
「桜みたい!」

と聞こえていろいろ連想されて楽しそう。

Img_1964


床は「洗心(せんしん)」。

花は「春曙光(しゅんしょっこう)」。

もうじき卒園する年長さん親子はもちろん、節目の季節にあった趣向です。

部長さんを中心に、みなさんが茶会に向けていろいろ考えて動いて作られる、一人だけでは表すことの出来ない世界が広がります。


写真がなくて残念ですが花は椿で春曙光という名。
枕草子、春はあけぼの・・・から由来したものだそうです。

柔らかいピンク色で花言葉は「気取らない」「つつしみ深い」。



気取らず慎み深い女性になるのはいつごろなんだろう、、、とブログを書きながらいろいろ考えつつ、「洗心」をもって明日から頑張ろうと思うのでした。

Img_1828

お正月に着たものと同じ着物で今日は参加。写真がないので正月に神社で撮ったもの。
年女で大吉まで出て、なんだかすごい!


久しぶりに会えた方もいて、気持ちのリセットができた良い一日でした。

|

« 春色に | トップページ | 心も柔らかく »

季節」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591825/56832984

この記事へのトラックバック一覧です: 心洗われた日:

« 春色に | トップページ | 心も柔らかく »